読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suimin-ing-days

一に睡眠、二に睡眠、三、四睡眠五睡眠

20170401

4月が来た。新年度だ。

よく1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言われる。確かに1月は行き2月は逃げた。
一方就活解禁後の3月はゆっくりとしかし確実に歩んできたようだった。とは言いつつ気が付いたときは3月中旬と最終週で、結果的に去っていってしまったのだが。

 

エイプリルフールで土曜日だったので思う存分4月1日のおふざけと休日を楽しんだ。
具体的には半日ほど寝ていた。
何かに対しとても申し訳ない気持ちになりながらも、横になり布団をかぶれば眠いものは眠い。
だから眠る。
こんなにひどく申し訳なくなる対象はここまで育てた親か、過去の自分か、未来の自分か、はたまた今の自分なのか。

さすがに寝過ぎて起きると身体を痛めたり、頭が痛くなったりする。と、同時に虚無感もある。寝ていたこの数時間をもっと有意義にできたのではないかと。
そも有意義な時間とは、何だろう。休日に眠る、これはこれでとても贅沢な時間の使い方なのではないか。何より私は眠ることが大好きだ。 このブログのタイトルを見てほしい。

 

うん、眠ろう。

やはり、休日くらいは思う存分寝たい。 その時間分のタスクを他の時間に持ってくる責任は持つべきだろうが。
思う存分寝るとして、悲しいのは長時間寝過ぎたときのガッカリ感が凄まじいこと。それに朝方に寝ると明らかに調子が悪くなるため、睡眠時間の加減と就寝時間は考慮したい所存だ。

 

20170401