読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suimin-ing-days

一に睡眠、二に睡眠、三、四睡眠五睡眠

20170429

駅のホームに降り立つと、見覚えのある景色。


そうだ、2月にインターンに行って、3月に説明会に行って、4月の暑い日に面接に行った会社の最寄駅だった。
ちなみにその面接は落ちた。

 

この日も別の会社へ説明会参加のため来たのだった。
以前来た会社と同じ最寄駅だから迷わないだろう、と高を括っていたが普通に迷った。
今回は方面が逆で、違う出口だったため駅からの光景が全く異なった。 当たり前の話ではあるが。

交通費削減のため、似たような事業で同じ最寄駅なのだから企業は同じ日にまとめて選考イベントを開催してはくれぬかとも思う。
しかし似た事業ということはお互い適正のある優秀な学生を取り合っている訳で、各々企業の事情もあるし現実的に難しいだろうなと思い考えるのをやめた。


説明会を終えた後、他の参加者の学生に話しかけられそのまま途中まで移動を共にした。
説明会中に社員からのアドバイスで就活仲間を作ろうと言ってたのでその影響を受けたのか、はたまた元々そういう人なのかよくわからなかった。要するに、生真面目な人なのか否かあまり読めなかった。
そんな思惑もあり、初めて会った就活生とここまで話すのは初めてだったためどこまで本音を話していいものか迷った。
あまり何を話したか覚えていない。どの企業群を見ているかとか、選考はどうだったかとかを聞かれたれたので事実は答えたんだと思う。
私ばかり話すのも勿体無い気がしたので、何となく気になったことを聞いてみたりもした。
電車に乗ってからその人ははスーツから頻繁にスマートフォンを取りだし、フリック操作で対応してるようだった。
見えてしまったLINEのトーク画面は、背景より緑と白の吹き出しが多くを占めていた。
もしかしたら長文チャットで大事な会話をしていたのかもしれない。

私はぼうっと電車内のデジタルサイネージを見ていた。

 


20170429