suimin-ing-days

一に睡眠、二に睡眠、三、四睡眠五睡眠

就職活動2017の感想・時系列で(2016年〜2017年2月)

私の就職活動ははっきりと言えばぐだぐだだった。ただ自分では8割納得しているのでもう別にいいかなと言う感じである。

すでに記憶が消えつつある中、今を逃したら機会ないと思い以前途中までメモしたのを走り書き追記してまとめました。

就職活動2017と書くとまた就活するのかと思われそうだけど、今のところは違う。ただ私が一定の場所(企業)でウン十年やっていけるかは怪しいので転職しそう。

 

  • 2016年11月〜12月頃(大学3年次)

この頃からやたら学校の就職課から「就活準備を始めましょう」と催促される。どうやら私の学校は例年企業の採用担当からの評価が良くないらしく、学校の評判のためにも頑張っているのかもしれない。それもなんだか的外れというか、そういった態度の方が学生のやる気を削いでいるんじゃないかとも思うが。

ともかく私は言われるまま様々なイベントに参加していた@学校。単純な業界の説明プレゼンだったり、または企業のお偉いさんとOBが講演をしていたり、はたまたグループディスカッションや筆記試験の対策講座を受けたり等々。こうした就職課主催のものは一回完結で長期的に渡り何回も行われていた。それは司会や設営をする就職課の人たちも大変そうだ。そういえば面接の練習講座もあったが最後まで結局行かなかった。

 

師走にはナビサイト主催の無料の就職準備講座みたいなものにも走り回って参加した。準備イベント入場のため長蛇の列に並び、コートは脱いで内側を表にした状態で待機。「年が明けたら就活スタートまで秒読み」。気持ちだけは固まった気がした。帰りがけにはナビサイトのキャンペーン宣伝、新聞購読の申し込み受付用紙の配布、お土産は主催企業のロゴが入ったノベリティ。どっさり。

クリスマスの日はあまりに暇だったためプレ合同企業説明会(一応就活未解禁しのためイベントタイトルがぼかしてある)に半分冷やかしのつもりで行ったが、学生は少なめながらも想像よりたくさん居た(女性割合が少なめだった気がした)。さすがにクリスマスの休日なのだからケーキ食べてのんびりすればいいのになと思ったが、ブーメランだ。理由もなく焦っている。

この時期の就職の準備活動に意味があったか、と言われると微妙なところではある。一応やらないよりかは経験していた方が様々な事情が知れて良かったが。
今振り返ると年明け前の時期でも採用活動を始めていたり限りなく近いことをしている中堅企業もあるのでナビサイト経由の情報のみを見るのでなく普通に検索するべきだった。

この時期は就活より学校の卒業単位をしっかりと取るほうが大事です。就活が活発になる春から夏はなかなか学校に来れないため単位が取りにくく、秋以降は卒論もあるし極力必要単位数を減らしておいたほうが良い。という訳で全力を尽くして単位を取りに行ける最後の期間だから。

 

  • 年が明けて2017年1月から2月

いよいよ年が明けた。しかし私はまだ気持ちが乗らんと言い訳をしながら、内心働きたくないでござるという感情でダラダラしていた。なんとなく1日か2日で終わるインターンには行っていたものの、就職活動はまだ遠い先のことだと思っていた。優秀な学生ではこの時点で内々々…定していたということを約3ヶ月後に知ったのでもっと早くやっておけばよかったなあという月並みな感想はある。
この時期はどっちつかずで大好きなコンテンツの大事な大事なライブも三日間あるうちの1日だけしか行かないという謎の自粛行動をしていた。結局その1日以外も家でぼうっとしていた記憶がある。自分でも意味がわからない。つまりは自分でも確かなはずの優先順位(この場合ライブ>その他多く)上で就活は例外だと思っていた。就活は確かに進路を決めるという意味で最重要ライフイベントであることに間違いはないだろうが、本当に就活の一つひとつの作業全てが最優先ではないのだ。この辺は受験戦争で趣味の時間をカット、仲間や家族との時間もカット、終いには睡眠時間もカットして勉強最優先だった名残があるのだろうか。一般的にやればやるほど解法が身につく受験勉強と、そればかりではない採用試験対策の差か。ここで私も迷走し切ったと思ったのだが、なんとこの3ヶ月ほど後も迷走する。

 

あとこの辺りが新聞社の採用活動が始まったか始まりつつあるかのタイミングで、本エントリーせず終い。かつてはそこそこ記者や編集者になりたいと考えたこともあったはずなのだが、ここでエントリーすら遠慮しとこうと思ったのでその後も出版社やメディア系企業は一切受けなかった。プレ説明会みたいなものに参加した際、新人記者の働き方が精神的・肉体的にどう考えても私には無謀であると知ったことが主な理由である。また広くメディア系企業の雰囲気が私にそぐわないだろうとも判断したが、これは私の偏見まみれであると信じたい。私は大学で雑誌系のサークルで、そのサークルは雑誌系らしからぬ雰囲気で私にとって過ごしやすかったのだ。そもそもメディア系と一口に言っても今や系統も規模も守備範囲も様々だろう?

 


▼長くなったので2017年3月以降は続きます。