読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suimin-ing-days

一に睡眠、二に睡眠、三、四睡眠五睡眠

自己紹介

今週のお題「自己紹介」

自己紹介をすると思いましたか? しません。 嘘です。

さすがに何も無しに日記を書き綴るのはネット公開してる以上違和感があるので、少しだけします。

 

私文大学生です。

元々他のブログを少しだけ書いてましたが、就活で社会が怖くなり新しく「日記」という形でブログ始めました。

 

日記を数日間書いた感想ですが、できごとそのものを思い出す以外の作業は楽だし楽しいです。 二日前くらいのことになると本当に何があったか思い出せないときがあるので、その事実や思い出しそうで思い出せないモヤモヤは少しつらいです。

「日記」なので起こったこと思ったことを割と脳直で出力しています。そのため読みづらさのある散文になってますが、日記なので。

 

自分の思いを文章にしていくのは楽しいです。日記の中には本当はもっとガッツリ語りたいテーマも出てきたりしますが、今の所はやめときます。 

なぜか? 何かに対しガッツリ文章で語るのはES書く並みに色々持ってかれるからです。

いや、別にブログでES程ガチガチに理由や現実感を詰めなくてもいいはずだし、私もそこまでしないです。 が、どうせなら他の視点から予想してみた考えとか、もっと考えられる深いところまで書いてみたい。そうも思います。

 

これからも日記は数日前のことを書いたり投稿が飛び飛びになったりするとは思いますが、もう暫く続けたいと思います。

 

以上

20170414

スマートフォンを家に忘れた。


そういえばこの日はギリギリの時間になってしまったのでとりあえず家を出てしまった。
いつものように駅に行き、電車に乗り込み、鞄の中を探す。 スマホはどれだけ探しても出てこなかった。

電車に乗ってしまっていたので、家に戻って出直すと時間のロスが大きいだろう。
この時点で説明会には間に合いそうにないな、と明らかにやる気がなくなっていくのがわかった。

 

仕方がないので適当な駅で降りて、気分転換でもして帰ろうと思った。
具体的には、せっかくスマホがないので本を買ってどこかでじっくり読もうと思った。

本屋に入り、玉手箱の対策本を見てみた。
WEBテストの玉手箱率が想定より多く、殆ど解けずに終わるという失態が続いていたから、さすがにどうにかしたいと思ったため。
玉手箱対策No.1の本を手に取る。しかし結局は本の重量、つまり本の分厚さに購入を躊躇ってしまった。
本に重量があると買っても持ち歩きたくないので、出先でないと本を開かない私には意味がないと思ってしまった。
残念ながらこのような無意味な経験は沢山ある。
代表的なものは大学の授業の教科書。一応授業で指定されているので買うのだが、鞄に入れるには荷物になってしまいそうだと渋ってしまう。そうなったら最後、本棚の奥に積まれるかテスト前だけ斜め読みされるか、どちらにしても置物に成り果ててしまう。
そんな苦い経験と最近の交通費増による消費したくない気持ちが組み合わさり、玉手箱対策はフリーの学習サイトかアマゾンで古本で済ませる結論に至った。
本当にこれでいいのか、というモヤモヤは尽きないが考えるのをやめた。

新書コーナーに足を運ぶ。キャッチーなタイトルの文庫本の数々。
そのうち気になった本を手に取りパラパラと読んでみた。
経済学を世の中の事象に当てはめて論じている本らしい。
帯には著者の爺さん顔が印刷されていて、その表情の険しさに気付くと何とも言えない気持ちになり、本を戻した。 こんな険しい顔で書いている本を、私のようにだらだらと生きている人が買うなんておかしいと感じたからだ。
棚に本を戻すと、他の客が棚の中を見たそうな様子が見られたのでその場を離れ他の出版社の棚へ向かった。結果、そこでたまたま目に付いた人口と経済について論じた文庫本を買った。
帯にはNo.1の売り上げだか人気だかと書いてあった。これこそこの本で言わんとしている統計の手法とその読み取り方の齟齬なのではないかと思ったが、そろそろもう本を買ってしまいたい気持ちだったので中断した。

 

ミスタードーナツに入り、適当にドーナツを選んだ。抹茶がコラボしていたらしいので抹茶のオールドファッションとメープル風味のもの。それに忘れてはならない、アイスコーヒー。
それらを食しながらの読書は最高だった。
いや、最高という言葉の響きほど爽やかな快感ではないが。
小一時間じわじわと幸せを噛みしめた。


20170414

20170411

雨。

雨の中、この日も説明会のため駅から会社へと向かう。
結構な雨と風で折りたたみ傘ごと煽られそうになる。
途中通った橋から川を覗いてみると、散った桜の花びらが波紋を描いていた。
こんなに散ってしまって大変だなあと思った。


すんなり目的の建物に到着する。
以前は地図から自分の向いてる方角がわからず、行ったり来たり、地図アプリと睨めっこしたり、相手方へ電話したりと苦労した。最近はさすがに慣れてきた。と言っても、早めに行動しこまめに道が正しいかを確認するようにしただけなのだが。
説明会開始時間の30分以上前なのでまだ誰もいないと思ったが、他にも同じ説明会に参加するだろうスーツの人がいた。
この人も私と同じように時間を多めに取って、迷わないように道を確認しながら歩いてきたのだろうか。
なんて聞くことはこっぱずかしくてできないが、コートについた雨粒を拭う様子を見るとなんとなく親近感を覚えた。

会社から駅に帰る道のりで再び橋から川を覗き込むと、桜の花びらは川の端の方に集まっていた。

 

気圧のせいか気疲れか、説明会に参加しただけなのにとてつもない疲労感がある。

「眠気」という言葉の響きが似合う、もあっとした、乾燥しているのにしつこいものがこみ上げる。不意に欠伸の出来損ないみたいなものが出てきて、涙で目が一気に潤んだ。
しかし締め切りの近いWEBテストやESをこなさなければならない。
パソコンと向かい合う。
65分といかにも長そうな時間も、いざ始まって「ああ長いなあ」と思っていればあっという間だ。もとより問題を解く時間としては足りない方なのだが。

 

明日も、早い。


20170411

20170410

昼前に起きる。
ああ、今日も間に合わない。

がっくりするが、よくよく思い出してみると理由は明白だ。
前日寝るのが遅かったから、だ。
前日は日曜日だったので昼までこれでもかというほど寝ていたが、その後は夜中から朝方まで履歴書を書いていた。

 

その日は当日の予定ありきで動こうとしていたため、やることがなくなってしまった。自分の計画能力の無さが伺える。
適性検査では「計画してから行動に移す」にチェックを入れた記憶があるが、それはあくまでも「我先にと行動しまくる」、「ではない」という意味からだ。

 

学校に行って各種書類の準備をすることにした。
まず、成績証明書。これは学校の事務センターに行かないと発行できないのでまとめて済ませてしまおうと思った。
同じ思惑の就活生がもっといて混雑すると思ったが、そうでもなくすんなり終わった。ただし発行料として一枚当たり安いコンビニ弁当並みの費用がかかった。かなりダメージの大きい出費だ。
それからオープンES・WEBで閲覧できる成績表の印刷をした。
印刷は図書館のパソコンを用いてしていた訳だが、図書館には同じようなスーツの人々が沢山居て驚いた。
就活をしてきた帰りがけなのか、この日はESなどに取り組むと決めているのか、わからないが熱心だなあという印象だった。
中には友達同士で協力してテストやESを進めてるであろう人たちが見えた。
私にも就活友達がいたら。
そう思ったが私の場合、友達がいるとますます自分で選び決めることができなくなりそうだ。

 

学校を出る頃にはすっかり暗くなり、新しい春なんて永遠に来ないかのような夜の都内の景色が見えた。
それは今まで私が見ていた寒い風が吹く夜の、学校からの景色だった。

 

 

20170410

20170408

土曜日は休み、この日は土曜日、よってこの日は休みのはずなのだ。
が、この日も参加できそうな説明会がいくつかあったので外に出た。

 

やはり土曜日なので都内は親子や遊びに来てるような人が目立つ。

そんなときに1人で時間を潰すのには骨が折れた。

仕方なしに本屋をうろうろしてWEBテスト対策の本をパラパラと読んでみたりしたが、店員がちょうど就活向け本棚を整理しに来たので適当なところで去った。

駅の自販機で、この日2本目の缶コーヒーを買う。朝早かったのもあいまって眠気がひどかったためだ。 分かってはいたが変な苦さに舌が痺れそうになる。一応、カフェインが補給される感じはしたので良しとする。

結局その後駅のホームで電車を見送ってから最寄駅に到着したが、歩く時間を考えてもまだまだ時間に余裕があった。
閑静なところだったので少し適当に歩いてみると、寺があったので敷地に入ってみる。至って普通の寺だった。何の寺なのか分からぬままにお参りするのもどうかと思い景観と建造物だけ見ていた。近くの会社の新入社員らしき人たちや入学式を終えたような制服姿の学生が並んで写真を撮っていた。

 

そんなことをしていたら時間も近づいてきたため、地図アプリを開き目的の建物へ向かった。

 

その後は、髪を切りにいった。

さすがに髪がボサボサになってきて常々髪を切らないとと思っていたが、いつもの美容院ではなかなか予定が合わなかった。そんないつもの美容院で、この日は急にもかかわらず予約が入れることができた。

多少慌ただしいスケジュールだが、次の日は日曜だし、と学校近くの美容院に向かった。

この美容院は人との会話が苦手な私が珍しく気に入っていて、学校を卒業し交通費を払ってでも通い続けたいほどだ。

なので詳しく書きたいところだが、この記事では情報が多くなりすぎて特定が怖いのでまた今度。

 


20170408

20170407

また、予定を流してしまった。


失望感で何も考えたくなくなり、寝ることで意識を飛ばしたいと思ったが、何とか堪えて家を出た。

偉い。小さな自己肯定が大事である。この日も缶コーヒーを買った。

 

昼ごろは日が照って割と暑い。
電車に乗り込むと頭の毛穴から汗が滲み出すのを感じて、さらに暑くなる。 一応着てきた上着は荷物になった。

目的地までの道はちょうど桜の名所のようで、人がぞろぞろと歩いていた。
以前桜を見に上野公園に行ったことがある。人が多すぎて立ち止まることは許されず、ひたすら桜の道を歩くのみだった。
みんな桜の花が好きなのだなあ。

 

昨日のことだが、手書きの履歴書を書いていたら書き損じで3枚無駄にした。無意識のうちに書き間違えを連発したからだ。というか、こういうことをして朝方に寝たりしたから起きられなかったのではないか。
大概焦って下書きもせず書くせいで間違えるのだが、追い詰められた私たちにもはや下書きをする余裕はないのだ。もちろん書く内容はwordに打ち込んで文字数の計算はしている。察してほしい。そのための大量の履歴書だ。

来週は履歴書をたくさん書く予定だが、この大量の学校指定履歴書は残っていられるだろうか。

またもや私の無意識な書き間違えで犠牲になる履歴書があるかもしれない。
彼らのことを思うと胸が痛んでならない。

 

 

20170407

20170406

春という季節は懐かしさがある。

日差しの彩度が上がり、空気がぬるっとしてて、だけど風が吹くと冷たくて、鼻がムズムズする。
春だし、新学期だし、年度始めだ。

 

春になった実感があると、昔を思い出す。
在校生として出た入学式の早帰りの日、先輩の部活紹介を楽しみながら今後に不安を感じていた瞬間、新学期早々テストをしたあのとき……。

 

生ぬるい風がびゅうびゅう吹いている中帰路に着く。
曇っているけど、こんな明るい時間に帰るの久しぶりだなと思った。

 

20170406